オフィシャルブログ

第19回健康づくり教室 開催

Share on Facebook
LINEで送る

8月5日(水)に第19回健康づくり教室を開催させていただきました。

今月は中旬にお盆休みがありますので、上旬の開催となりました。今回は「酵素と体」についてお話させていただきました。

私たちにとって酵素が重要と説いたのは米国の医学者、エドワード・ハウエル博士です。1985年に博士が書いた「酵素栄養学」は、酵素と食事と健康について詳細に書かれた内容で、現在の多くの酵素に関する書籍や学説が、この「酵素栄養学」の影響を受けています。日本では、名古屋大学出身の故 八木國雄先生や内視鏡で有名な新谷弘美先生が「酵素」の総合的な働きを推進しています。

酵素は食物にも含まれていますが、重要なのはヒトの体内にある2種類の体内酵素です。ヒトの体内でつくられる酵素はヒトそれぞれ遺伝子によって一定量が決まっており、無尽蔵ではなく限界があるということです。体内酵素には消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素は食べ物を消化分解し、その栄養を吸収するための酵素です。一方、代謝酵素は消化酵素によって栄養素がエネルギーに変換されたら、それをからだの中で働かせるのが役目です。運動、呼吸、脳での思考、老廃物の排泄、ウイルスと戦う、お肌の新地代謝など、ヒトの生命活動のあらゆる面で無数の代謝酵素が働いています。代謝酵素がとても重要であることは明らかです。………OLYMPUS DIGITAL CAMERA