身体が痛むのは

病気や痛みの原因は酸素不足にある

ef1546ce4644b0eeaba082e5319e75db-700x1024

人間の生命は血液が運ぶ酸素により維持されている。酸素の不足や欠乏は病気の原因となる(野口英世博士)

酸素は、呼吸をすることによって肺で体内に取り込まれます。そこから血液中の赤血球と結びつき、血流にのって全身の細胞へ運ばれます。そして、各細胞内でエネルギーを生み出し、筋肉や内臓の動きを高める働きをしています。こうして、人体内の酸素濃度は97%以上に保たれているのが理想的なのです。

しかし、最近では酸素濃度の95%以下の人が急増しており、これを酸欠人間と呼んでいます。2%ですが、体内の酸素濃度を2%下げるには1分間完全に呼吸を止めた状態と同じになります。この2%が健康を妨げる大きな原因となります。

人間の病気

  • 体内の痛みというものは、細胞が酸欠で死んでしまうから起こるものだ。
  • だからまず酸欠を治すことが大切なのだ。
  • 体内に酸素を送ってやるのは、赤血球の中のヘモグロビンである。
  • だから、そのヘモグロビンの代替品を探します。

酸素不足や酸素欠乏が原因となる様々な疾患とは

  • 人の体内にはリパーゼという脂肪燃焼酵素があります。
  • 体内の酸素が不足すると、このリパーゼが活発に志望を分解することができず、脂肪の燃焼率が悪くなります。酸素が不足の人は運動してもなかなか痩せられない体質になっているのです。
  • 次に脳細胞が酸素欠乏状態になると脳の動きも鈍くなり、いつも眠い、集中力や記憶力が落ちた、物忘れがひどい…という症状がおこります。
  • 脳の酸欠状態は日常生活にも影響します
  • 体内の酸素濃度が滴下すると、人間の防衛本能は不足分の酸素を補おうと働き、頑張りすぎた筋肉や各器官はエネルギー不足となり、疲れ果ててしまいます。酸素不足の人はすぐに疲れやすいのです
  • 目についても同じで、酸欠で目の細胞の動きが鈍くなると、毛細体(筋肉)の伸縮が悪くなりピントの調整が低下し、視力が落ちてしまいます。
  • 酸欠はがん細胞に対する免疫力にも大きく影響し、がん細胞の増殖や痛みは酸素欠乏も原因となります
  • がんの治療や予防には酸素を十分に供給することがとても重要です。

スクアレンは酸素の運搬を高めて酸素不足を解消します

  • スクアレンは本来体内で作られている物質で、不飽和炭化水素より成るものです。
  • リンパ節や骨髄、副腎、肝臓、皮膚などの免疫相当細胞に多く分布し、生体防衛力を強めます。また、細胞賦活作用や抗酸化作用をはじめ、血流改善作用や皮膚防護作用など生体にとって有用な多くの調整作用をもっており、生命の維持には必要不可欠な物質です。
  • スクアレンは皮下脂肪にも多く分布しており、その量は性別や年齢によって差があります。10代後半の女性に最も多く、この時期の女性の肌はスクアレンの恩恵を受けて細胞のはたらきが活発でイキイキとしており、潤いと弾力性に満ちています。
  • しかしスクアレンは25歳を過ぎると次第に減少し始めます。化粧品のコマーシャルで「25歳はお肌の曲がり角」とうたわれているのは、まさにこのスクアレンの挙動に一致します。

スクアレンとは

  • スクアレンは本来体内で作られている物質で、不飽和炭化水素より成るものです。
  • リンパ節や骨髄、副腎、肝臓、皮膚などの免疫相当細胞に多く分布し、生体防衛力を強めます。また、細胞賦活作用や抗酸化作用をはじめ、血流改善作用や皮膚防護作用など生体にとって有用な多くの調整作用をもっており、生命の維持には必要不可欠な物質です。
  • スクアレンは皮下脂肪にも多く分布しており、その量は性別や年齢によって差があります。10代後半の女性に最も多く、この時期の女性の肌はスクアレンの恩恵を受けて細胞のはたらきが活発でイキイキとしており、潤いと弾力性に満ちています。
  • しかしスクアレンは25歳を過ぎると次第に減少し始めます。
  • 化粧品のコマーシャルで「25歳はお肌の曲がり角」とうたわれているのは、まさにこのスクアレンの挙動に一致します。

深海サメ肝臓の主成分スクアレン

  • 太陽光線が海中に届くのはせいぜい水深300メートルくらいまでで、500メートルにもなると光合成はできず酸素が生成されません。深海サメはこの酸素の少ない深海から海面まで急上昇してきて、酸素を十分に摂って戻っていきます。
  • 酸素が極めて少ない水深300~1,000メートルの海中では、1平方センチメートル当たり0.1トンという強い水圧を受けます。浮き袋もないのに深海から浮上してきて、酸素を摂ってまた潜っていけるのはこの肝臓が浮き袋の代わりをしているからに他なりません。
  • またサメは自分でエラの向きを自由に変えることが出来ないために、エラの機能がもともと弱くなっています。特に深海ザメの場合、酸素の薄い環境下で生息しているためにこのことは重要です。これを補っているのが肝臓です。この肝臓の中に酸素が取り込まれ、そのときにスクアレンが「酸素の運び屋」として活躍しているのです。
  • 深海ザメの一種アイザメを例にとると、内臓が体全体の3分の1もあり、その8割が肝臓で占められています。内臓のほとんどが肝臓というわけです。そしてその肝臓の大部分がスクアレンからなっています。超高圧の酸欠環境下で、3億年もしぶとく生き抜いてきた驚異的な生命の秘密が、実はこのスクアレンにあったのです。

お客様の声

photo_image

テキストが入ります。

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト