基礎体力の向上

五臓六腑の働きと不調和による体の状態

  • 東洋医学において、五臓六腑の五臓とは“肝・心・脾・肺・腎”で、西洋医学でいう肝臓や心臓、脾臓、肺、腎臓のことではありません。
  • 人体の支配を大きく5~6種に分類し、さらに万物事を陰陽理論に基づいて分類し、それらの関係を論じたのが東洋医学の基礎となっています。
  • 五臓六腑の働きと不調和による体の状態を次の表で分類し、解説してあります。

五臓:肝

  • 【働き】
  • 肝は、全身の臓腑の働きを円滑にする。感情を制御し、知恵や計り事を司る。
  • 胆汁を分泌排泄し、解読作用に関わる。血液を貯蔵し、全身への供給を調整する。
  • 【支配する部位】
  • 筋肉及び腱、靭帯軟骨を養って運動を支配する。眼、爪や末梢神経も支配。
  • 【不調和による体の状態】
  • 筋肉の痙攣(こむらがえり)、ふらつき、めまい、眼の純血。

五臓:心

  • 【働き】        :
  • 心は、高度な精神活動を支配する。中枢神経である大脳皮膚の機能と近似する。
  • 血液を全身に送るポンプの役割を担う。=西洋(現代)医学の循環器系にあたる。
  • 【支配する部位】
  • 舌。舌は心の他、脾胃にも深くかかわる。血流。
  • 【不調和による体の状態】
  • 興奮、焦燥、不安、不眠、浅眠、発作性顔面紅潮、動悸、息切れ、徐脈、不整脈、心房細動、易疲労情緒不安定、狭心症等。
  • ※心房は心臓の膜

五感:脾

  • 【働き】
  • 脾は、飲食物の消化吸収を行う。水分の吸収を行う。(水分代謝)
  • 胃に受け入れられた水分は脾で吸収され、肺に送られ、胃や膀胱などにとともに働き、全身に配布され、水分代謝の平衝を保持する。
  • 血を統御する、全身の血液の正常な血行を保持し、血液が血管外に漏れるのを防いでいる=西洋(現代)医学の脾臓の働きに近似する。
  • 【支配する部位】
  • 肌肉(筋肉や皮下組織)を司る。脾が丈夫な人は筋肉たくましく、脾の虚弱な人はやせ細り、四肢も軟弱である。筋肉の麻痺は脾の病。
  • 口唇を司る。脾の以上は唇、舌根、歯茎に現れやすい。
  • 【不調和による体の状態】
  • 食欲不振、胃部膨満感、無気力、倦怠感、易疲労、眠りやすい、下痢便秘、手足の冷え、冷感、消化不良。

五臓:肺

  • 【働き】
  • 肺は、呼吸作用を行う。(肺胞でのガス交換)水分を全身に配布する。(水の上源)脾胃を通じて取り入れられた水分は、肺に運ばれ、腎、三焦などと共に働き、全身の皮膚、臓腑、各組織に必要な水分を配布する。
  • 一部は発汗や分泌に回され、有効に利用された後、膀胱に集められ、尿として排出される。
  • 気血生成の場である。脾で吸収された栄養成分は腎の原気の力を借りて、肺に上げられる。
  • 肺で原気水殺の精微(栄養成分)と天の精気が三位一体となって元気が作られる。
  • そして、元気から気、衛気(外部から身を護る=オーラ)、栄血が生成される。
  • 【支配する部位】
  • 皮膚、毛穴(発汗にかんする)、鼻(嗅覚、発音、発生にも関係する。)
  • 【不調和による体の状態】
  • 呼吸困難、息切れ、咳、痰、発熱、のどの痛み、喘鳴、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、
  • 鼻炎、鼻のアレルギー、花粉症など。

五臓:腎

  • 【働き】
  • 腎は、生殖、成長、発育、老化など一生の過程を支配。腎は「先天の本」といわれ、生まれながらの生命力の基礎である腎精を貯蔵している。
  • 腎精とは、生命を維持し、五臓六腑をはじめ、諸器官を滋養する根本物質である。
  • 人の陰陽の基本、生命力の根本である。腎の働きが旺盛である人は老いにくく長寿であるが、腎気が衰えた人は、老化も早く寿命も短い。水分代謝の中枢である。(水の下源)
  • 【支配する部位】
  • 骨、歯(腎が衰えると骨や歯がもろくなる)耳では難聴や耳鳴りが起こる。
  • 腎精が表れるのは髪の毛。加齢で腎気が衰えると、髪の毛が抜けやすく、白髪が増える。
  • 【不調和による体の状態】
  • 腎陰虚(腎陰とは臓腑を滋養し滋潤する機能)
  • めまい、耳鳴り、喉渇き、口中乾燥、四肢のほてり、腰下の脱力、性欲仮亢進。
  • 胃陽虚(胃陽とは臓腑の生理活動を推動し暖める機能=命門の火)
  • 冷え性、足腰の脱力、インポテンツ、夜間頻尿、思考力減退、難聴など。
  • 腎精虚(腎虚、腎陽の全症状)
  • 子供の発育不良、早老、脱毛、歯牙脱落者。

六腑:胆

  • 【働き】
  • 胆は、決断を司る。肝でははかりごとを巡らし、胆が決断し、腎が実行すると考えられている。
  • 「肝胆相照らす」という言葉通り、肝と裏表の関係にあり、共同作業を行う。
  • 【不調和による体の状態】
  • 胆火が亢進すると:怒りやすい、頭が重い、胸苦しい、脇の痛み、口が苦い、胆汁を嘔吐する。
  • 胆火が虚すると:ビクビクし、小心で臆病になる。

六腑:小腸

  • 【働き】
  • 小腸は、胃が受け入れて腐塾(発酵)した飲食物を清濁に選別し、栄養分は脾に、残渣(カス)は台帳に送る。
  • 心と裏表の関係にある。
  • 【不調和による体の状態】
  • 胆火が亢進すると:怒りやすい、頭が重い、胸苦しい、脇の痛み、口が苦い、胆汁を嘔吐する。
  • 胆火が虚すると:ビクビクし、小心で臆病になる。

六腑:胃

  • 【働き】
  • 胃は、水分や植物を受け入れる要である。
  • 漢方では胃が受け入れられ、脾が消化すると考えられている。
  • 脾と胃は「脾胃」という表現でセットで用いられる。

六腑:大腸

  • 【働き】
  • 大腸は排泄を司り、肺と表裏の関係にある。

六腑:膀胱

  • 【働き】
  • 膀胱は、水液が集まるところであり、腎と表裏の関係にある。腎気が不足すれば、膀胱の気比作用は止まり、水が停滞し、尿も出なくなる。

六腑:三焦

  • 【働き】
  • 三焦は、水液を臓腑に巡らす作用があると考えられて、現代医学的には、リンパ管の機能を有しているという説もある。
  • 口より胃の入り口までを上焦:心・肺(呼吸循環系)
  • みぞおちからへそまでを中焦:脾・胃・小腸(消化・呼吸系)
  • へそから下方の下腹部を下焦:肝・腎・大腸(解毒・排泄系)

元氣とは

5つの元氣

「元氣で長生き」、それが喜びに満ちた人生の基本です。それでは、元氣で長生きを実現するためには、どんな方法があるのでしょうか?
ここでは、体が持っている五つの機能を元氣にする方法を考え、「五つの元氣」から「元氣で長生き」を実現する「元氣創造」へのアプローチを提案します。

「五つの元氣」、それは全身の元氣、人生の元氣を「内蔵」、「骨」、「血管」、「神経」、「免疫」の五つの視点からとらえ、それぞれを元氣にしていくことによって、人生の元氣を創造できる、という考え方です。五つの元氣が、あなたとあなたのご家族の元氣な人生を支えてくれます。

「五つの元氣」に役立つ優れた医薬品や健康食品をご紹介いたします。正しい食事や運動、生活習慣とともに、明るく前向きな気持ちを携えて、さあ、踏み出しましょう。

内臓元氣

  • 内臓は生きていくためのエネルギーを取り込む臓器であり、システムでもあります。「五つの元氣」の出発点として、まず「内臓元氣」に取り込みましょう。
  • 「内臓元氣」って何のこと?
  • おなかの中にあるすべての臓器と、その機能が元気で生き生きしていることです
  • 「内臓元気」を創造しましょう。
  • ☆口からお尻までの、おなかの中にある臓器をいたわって大切にしましょう。
  • ☆ゆっくりと時間をかけて食事をしましょう。楽しい会話も元気のもとです。
  • ☆身体に必要な栄養のことを知り、バランスよく使った食事を とりましょう。
  • ☆身体に害を与えるもの、過剰なエネルギーなどをとらないように気をつけましょう 。過食、夜食は自律神経のバランスを崩します。
  • ☆内臓が元気に働けるように、適度な運動と十分な休養を取りましょう。
内臓元氣

血管元氣

  • 健康を保つためには、血液が体の隅々まで行き渡ることが大切です。血液そのものと、それを送り出すポンプの役目をする心臓、それと全身に血液を運ぶ血管が元氣で柔軟でイキイキしていることが、全身の元氣を支えます。
  • 全身元氣のための「血管元氣」、「血流元氣」、「血液元氣」に取り組みましょう。
  • ●「血管元氣」って何のこと?
  • 全身を巡るすべての血管に血液成分が無理なく十分流れていることです。
  • ●「血管元気」を創造しましょう。
  • ☆血液の流れが止まると、そこから先の細胞や組織は死んでしまいます。血液が滞ることなく全身に流れることを意識した生活を心がけましょう。「血管を柔らかく血液を丈夫に」。
  • ☆バランスのとれた食事・運動・休養をとりましょう。
  • ☆活性酸素の障害からからだを守りましょう。そのために、脂肪の取りすぎに注意し、抗酸化物質を多く含む食物を積極的にとりましょう。
  • ☆時々、血圧を測定しましょう。
元氣とは

神経元氣

  • 脳を含む中枢神経と、全身を覆う自律神経や感覚神経は、ヒトが人であることを意味するものです。考える、感じる、行動する、などが思い通りにできて、感謝と思いやりに満ちた気持ちの良い人生を送るために、「神経元氣」に取り組みましょう。
  • ●「神経元氣」って何のこと?
  • 神経線維でできている脳、脊髄、自律神経、末梢神経、感覚神経がイキイキと働いていることです。また、神経線維から生み出される情報伝達物質やその受容体が元気でないといけません。 「神経元気」は免疫、内分泌(内臓)とも、骨、血管の元気ともお互いに関係しています。
  • ●「神経元氣」を創造しましょう。
  • ☆早寝早起き、楽しい食事、ニコニコペースの運動習慣、といった規則正しい生き生きとした生活をしましょう。
  • ☆バランスの取れた神経細胞活動をサポートするために、適度な栄養をとり、血液の維持に気を配りましょう。
  • ☆自分の周りや自分の体の状態に関する情報が正しく伝わって、各器官や細胞が働けるように、個々の感覚器の状態を整えることが大切です。目・耳・鼻などをいたわりましょう。また、規則正しい生活の中に、いろいろな刺激や喜び、笑い を加えましょう。
元氣とは

免疫元氣

  • からだの中に異物が進入すると、それを見つけ、やっつけてからだを守ってくれる機能が、もともと備わっています。それを「免疫」といいます。
  • この免疫に「ほころび」が生じると、kらだを守り切れずに何らかの病気を招いてしまいます。免疫系のバランスがうまく取れていて病気にかかりにくい状態、それが「免疫元氣」です。
  • ●「免疫元氣」って何のこと?
  • 細菌やウイルスなど、ヒトの体に進入してきて、病気を起こすものから体を守るために体の中に備えられた防御システムのことです。
  • 約60兆個の細胞で成り立っている一人の人間の身体、そのうち、約2兆個のそれも多種類の細胞が免疫を担っています。その免疫細胞が、全身で「自己」と 「非自己」をめぐる情報をお互いに正しくやり取りしながら共同して働き、全体として免疫系と呼ばれるまとまった反応を起こして、体を防御しているのです。
  • ●「免疫元氣」を創造しましょう。
  • ☆免疫細胞・器官が正しく働くように、栄養と休養をとりましょう。
  • ☆体調不良を長引かせないように気を配りましょう。
  • ☆腸内の善玉菌をふやしましょう。
  • ☆血液とともに免疫細胞を全身に行き渡らせましょう。
元氣とは

骨元氣

  • 骨格・軟骨・筋肉・皮膚・毛髪などの組織が元気な状態であることです。 骨カラ元氣だと、肩、腰痛や骨折が起こりやすくなります。意思を行動に移すときに必要なもの、それが「骨元氣」の対象となるものです
  • ●「骨元氣」って何のこと?
  • 骨格・軟骨・筋肉・皮膚・毛髪などの組織が元気な状態をいいます。
    ミネラルが体の中にたっぷりと貯蔵されている状態です。ヒトが地上で重力に耐えて活動するときに、自分の体を支え、動かすものが対象です。
    また、血液と免疫の細胞が生み出される骨髄が健康であることも含まれます。
  • ●「骨元氣」を創造しましょう。
  • ☆カルシウムなど十分な量のミネラルを蓄えましょう。特に若い時に立派な骨を造っておきましょう。
  • ☆骨が硬くて丈夫なのは、タンパク質のコラーゲン繊維にカルシウムが沈着してい るから。コラーゲンをしっかり造るために必要なタンパク質・アミノ酸やビタミンCを摂りましょう。
  • ☆新陳代謝のために十分な血液を骨や骨髄へ届けましょう。
  • ☆ストレスに弱い内臓と違い、骨は適度なストレス(運動)によって強くなります。体を動かし、活動的な毎日を送りましょう。
  • ☆鍛錬と休息をバランス良くとりましょう。
  • ☆関節が抵抗なく滑らかに動けるように、軟骨や骨を障害から守りましょう。
  • ☆転倒して骨折や軟骨を損傷しないように、身のまわりに気をつけましょう。
元氣とは

お客様の声

photo_image

テキストが入ります。

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト