便秘・アレルギーの改善

善玉菌は加齢とともに減っていく

  • 腸内細菌の数は100兆個以上あるといわれていますが、善玉菌の数は20歳のときが最多で20兆個ぐらいです。その善玉菌の99%はビフィズス菌で、菌数のピークは25歳まで続き、その後少しずつ減り始め、加齢に伴い減少はさらに続き、免疫力も低下していきます。中年以降からが発病しやすく、自然治癒力が低下するのは、善玉菌の減少が関係しています。加齢と共に善玉菌は補充が必要ということです。

善玉菌‗1

善玉菌を増やして減らさないために

  • ① 先ずは大腸のおそうじ(浄化)をして善玉菌の増える環境づくりが重要となります。

  •   食物繊維と漢方薬で大腸がキレイになる画期的な製品もあります。

 

  • ② 次に善玉菌のビフィズス菌乳酸菌食品サプリメントで補うことができます。

  •   食品ではヨーグルト・味噌・ぬか漬け・キムチ・チーズなどの発酵食品を積極的に摂ることです。

  •   善玉菌の食品サプリメントも市販されています。アレルギー体質や免疫力の弱い人は善玉菌が少ない証です。

  •   意識して善玉菌を増やしましょう。

 

  • ③ 善玉菌を死滅させるものを飲食しないことも重要です。

  •   肉類の過食や和菓子・洋菓子類などの糖質や脂質が多い食べ物も避けましょう。特に間食は止めましょう。

  •   病院の抗生剤は善玉菌の破壊作用が副作用です。コーヒーは1日1杯までで、ラーメンや油の多い中華料理系なども

  •   避けて、主に和食を摂るようにしましょう。

下剤(便秘薬)で便秘は治りません

  • ※世界中で最も権威あるバーナード先生からの警告!!

  • 下剤(便秘薬)はです、連用すると中毒になります。

  • 下剤(便秘薬)の連用により潜んでいる病気(ガン等)の発見が遅れます。腸内フローラが悪化するのです。

  • ★大腸ガン患者の6割が下剤(便秘薬)の連用者でした。

 

  • ① 下剤(便秘薬)が投与されると、腸が下剤を不快毒物と認識し、できるだけ早く体外へ排泄しようとして、そのついでに詰まっていた便が押
  •  し出されるのです。下剤(便秘薬)は腸が拒否する作用を利用するのです。

 

  • ② 下剤(便秘薬)は連用すると不快毒物としてリンパ管と血管にも吸い上げられて体内中に回ってしまい、 いわゆる中毒状態になります。
  •  これにより中毒の濫用(依存)が始まり、下剤(便秘薬)が手放せなくなるのです。

 

  • ③ 下剤(便秘薬)は腸の筋肉を無理に働かせて筋肉に疲労を起こさせ、いずれは筋肉疲労の蓄積により腸筋力が 低下して自力で働かなくなりま
  •  す。

 

  • ④ 下剤(便秘薬)の濫用(依存)は腸の自然排泄能力を失わせることです。

医学博士 バーナード・ジェンセン

  • 米国1929年生れ。米国大統領の専属医歴のある博士は世界各国を歴訪して健康で長生きする秘訣を探求。

    後にカリフォルニアに「ヒドゥン・ヴァレー・ランチ」を設立し、患者の治療と希望者には講義と実地授業が行われています。博士は「長生きする人ほど、その暮らしぶりはシンプルだ」と結論しています。

    長生きの人たちは、主として自然の野菜や果物など、加工されていない食べ物を食べ、揚げ物や肉類は少量にし、規則正しい生活と適度の運動で、明るく静かな満ち足りた気持ちで暮らしていると述べています。

    また、博士は下剤(便秘薬)の連用は腸内環境を悪くさせると警告をしております。

バーナード博士
旧 合衆国大統領専属医(米国 カリフォルニア州)

トーマス・パー氏

  • 下剤(便秘薬)を続けると体の中で何が起こるか、バーナード博士が世界の人々に警告している下剤の悪作用を決しておろそかにしてはなりません。下剤(便秘薬)で便秘症が治らないことが証明されています。左はスコッチウィスキー「オールド・パー」の肖像画に描かれている世界で最も長生きをしたイギリスのトーマス・パー氏(享年 152歳)です。有名になった理由はというと、生涯の最後に摂った美食生活が原因で腸の汚れ便秘が死を招き、ついに長寿の途絶えたことが世界中で知られています。

下剤(便秘薬)で便秘は治りません
西暦 1483~1635

便秘を本当に治す方法は?

  • 腸内フローラには100兆個以上の腸内細菌が常在していますが、健康で快便の人は18~20兆個の善玉菌とその半分の9~10兆個の悪玉菌、

  • 残りの70兆個以上が日和見菌という常在バランスになっています。

  • 特に、便秘の人は汚れて固い便の原因となる悪玉菌が多い状態になっています。

最初に腸のおそうじをする

  • 最近では宿便という表現はされなくなり、滞留便という悪玉菌の多い便が便秘をまねき、アレルギー疾患、ガンの原因になっていることが分かっています。その悪玉菌を減らすには食物繊維で腸のおそうじをすることです。

食物繊維で悪玉菌を減らす

  • 食物繊維といっても何でもいい訳ではありません。腸のおそうじに優れているものは「サイリウム・ハスク」というインド産のオオバコの種皮が世界中に知られています。水分を吸って膨れ上がって、滞留便に付着して便を柔らかくして体外へ出させます。

滞留便を排泄して善玉菌を増やす

  • 滞留便の付着排泄には腸のおそうじに優れた製品が市販されております。便秘を治すには大腸を浄化して善玉菌を増やして腸内フローラを良好にすることです。便秘の改善はお通じだけでなく、免疫力の関係する病気全般の予防にも役立ち、真の健康になることができます。

便秘を本当に治す方法は?

アレルギーや免疫には乳酸菌が重要

  • 腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の細菌が常在しています。健康な人の細菌バランスは善玉菌が多いことです。善玉菌には乳酸菌ビフィズス菌があります。善玉菌の99%は大腸にいるビフィズス菌で、残りの1%は小腸にいる乳酸菌。ビフィズス菌は便づくりを主に働いていますが、乳酸菌は小腸の機能やアレルギー免疫に関わる重要な働きをしており、ビフィズス菌を支配する善玉菌の親玉ともいえます。

乳酸菌
  • 腸管免疫とは、外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの「外敵異物」を排除するための小腸における防御メカニズムです。体内には食事などを通して多くの「異物」が入ってきますので、これらの「異物」が体に悪影響を与えるのを防ぐために、小腸には、白血球などの多くの免疫細胞がパイエル板という場所に集まっています。パイエル板で起こるアレルギー反応は、体内に入ってきた花粉、ダニ、ほこり、食べ物などを「異物」と誤認して過剰な反応が起こることです。その代表が花粉症アトピー性皮膚炎です。小腸のパイエル板でアレルギー免疫に関わる重要な働きをしているのは乳酸菌です。免疫に関してはビフィズス菌よりも乳酸菌のほうが重要なのです。また、少ない乳酸菌を増やすことで、大腸のビフィズス菌がより多く増えることも分かっています。

花粉症・アトピーに特殊植物成分!

  • 患者さんは年々増加!

  • 毎年この季節がやってくると憂鬱になる花粉症。症状によるイライラはもちろん睡眠不足にもなってしまいます。中でも眼のかゆみは「目玉を取り出して水でジャバジャバ洗いたい」程ひどいといわれます。仕事も効率が悪くなり一日中悩まされます。今では日本人の4人に1人がスギ花粉症だといわれます。飛散時期は2月~5月・・・その最中、苦しみが続くのです。気になる今年の花粉症は昨年よりも多いと予測されています。花粉症の患者さんは年々増加しています。決して他人事ではなくなってきたようです。

  • 花粉症とは体内に侵入してきた花粉に対して、体の免疫機能が外敵と誤認し、過剰に反応して起こるアレルギー症状のことをいいます。病院等の花粉症の薬は、その免疫機能を無理に弱めて一時的に反応しなくさせるだけで根本的な解決にはなりません。免疫機能の誤解を正常に戻す製品をお試しください。

花粉症‗1

お客様の声

photo_image

テキストが入ります。

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト