身体波動調整

血流・酸素測定器

血流・酸素測定器
  • 血圧・脈圧・血流パターン・TPKS(動脈硬化度)・心負担・総抵抗・心電図・体脂肪率・体水分率・BMI(肥満度)・SPO2(酸素飽和度)を数分で測定できる最新鋭の検査機器です。特に、心電図は簡単に測定ができ、SPO(酸素飽和度)については、身体中の赤血球による酸素運搬が把握でき、酸欠かどうかが簡単に判断できるようになりました。血圧の測定で心拍数や脈圧、血流パターン、動脈硬化指数、未梢血管抵抗も分かります。体組成も旧機器に比べ簡単になり、特に血中の酸素量を測ることができるのは大きな特徴です。

  • ★測定料:血流関連・酸素飽和度・体組成測定 各100円

  • 心電図測定 200円 全項目 500円 予約も受け付けております。

  • 健康管理のためにも定期的な測定をおすすめします。

ニュースキャンセラピー

ニュースキャンセラピー
  • 人間の細胞や臓器、また、DNAやウイルスにもそれぞれ固有の音(周波数)があります。体に異変が生じると、その部位の周波数は乱れた不調状態になります。欧州のドイツでは波動医学がすでに急進しており、人類初の宇宙飛行を成し遂げたロシアでは飛行士の健康管理を目的に世界最先端技術とドイツの伝承医学を融合させて、周波数を読み取る波動機器を世界で初めて完成させました。現在、日本国内でも数百台導入済みです。

  • 病院に受診しても原因のわからない頭痛や腰痛、肩こりなどの症状も波動バランスの測定で解決する場合があります。

  • さらに将来、ガンになるかどうかも波動測定で分かります。

  • ニュースキャンセラピー、是非体験してみてはいかがでしょうか。

ストレススキャナー

ストレススキャナー
  • 成人の安静時の心拍数は毎分60~70回程度ですが、体調が悪いときには心拍数が上昇し、熱が出ているときなどは最たるもの。心拍をみるだけで、自分自身の状態をおおよそ把握することができるのです。心拍は体温と同様、体調を表す重要な指標といえるでしょう。

  • Stress Scanner®は、約5分間の脈拍測定より心拍変動(HRV)を導き出し、自律神経状態等を分析してストレスを評価します。ストレスが多いと自律神経の機能低下により心拍変動は減少し、ストレス性疾患の危険度が高くなります。

ホンマデッカTVで紹介されました

体の音に影響されるアナタの人生!〔2014年9月3日放送〕

番組出演の統合医療評論家:亀井眞樹先生

  • 番組出演の統合医療評論家:亀井眞樹先生(代々木公園診療所院長)によりますと、人間の様々な臓器には固有の音の振動数があるというドイツ波動医学の仮説のもとにロシアが国家戦略の一環として開発したものです。
  • 本来はロシアの宇宙飛行士の健康維持のために開発された健康管理装置です。
  • 宇宙には病院がない宇宙飛行士は宇宙にいる間、健康状態を誰にも診てもらえません。
  • そのため、宇宙飛行士は宇宙の飛行中に、健康状態や病気の発生予防方法として、この健康管理装置を使用しています。